味覚センサー 価格 原理

味覚障害の改善にヒント 味覚センサーの価格と原理について

スポンサーリンク

味覚障害では、食べ物の味を感知する味蕾と呼ばれる部分が何らかの原因で上手に機能しなくなり、味覚に異常が現れてきます。
この味蕾は、言わばセンサーの役割を担っており、食べ物の細かいテイストを精密なメカニズムで感じ取っているのです。
この部分に異常が起こると、味を感じなくなったり、原因不明の苦みなどを口の中に感じることが多くなります。
甘みに対して感覚が麻痺するのも味覚障害の一症状です。
人間の味蕾には、味を感じ取る細胞が集中しています。
こういった細胞は表面に脂質を有しているのが特徴です。
この細胞が口の中に入ってきた食べ物と反応して特定の味覚として認識されることになります。
あらゆる味に対応出来る能力を備えているのが、この細胞の特に優れている点なのです。
最近ではこういった人間の味覚を再現した機械も開発されています。
スポンサーリンク

味覚センサーは、人間の味覚を感じ取る原理を応用して作られた機器です。
このセンサーを使用すると、人間の味覚とほぼ似た感覚で食べ物のテイストを分析することが出来ます。
渋みや甘み、塩味といったかなり詳細な区分けが可能で、現在では食品メーカーなどで自社商品を分析するために使用されていることがあるのです。
この味覚センサーの価格は未だ高額であり、使用されている施設は限られています。
こうしたことから、現在では検査を受注する研究施設も出始めているのです。
このような機器の登場で、食べ物のテイストは現在詳細に判定出来るようになっています。
ですが、人間の舌の持つ繊細な知覚には未だ完全に追いついていないのが現状です。
人間が日々味覚を感じるメカニズムが解明されたことで、今後は味覚障害の治療にも積極的にアプローチが出来ると予想されます。
スポンサーリンク