味覚がおかしい

味覚がおかしいと感じた時に

スポンサーリンク

味覚がおかしいと感じたことはありませんか?
人はモノを食べた時にしばしば感想を言います。【これ美味しい】【これ最悪】など。
その際、必ず甘くて美味しい。辛くてダメ。などの味覚に関する言葉をつけ加えますよね。
日本人の味覚に関する表現は極めて多彩です。
さて、ほとんどの人が一年365日、毎日食事をします。必ず生きている間は子供も老人も何かしら食べています。
人間が水だけで生きられるのは5日間程度で【食べる】という動作は生命を維持していく上でかくことのできない重要な役割をもっているのです。皆さんは毎日の食事を楽しんでいますか?味覚がおかしくなって楽しめないという人もいることでしょう。
人は空腹の時は何を食べても美味しく感じるものです。

スポンサーリンク

ただ、普段の食事ではやはり美味しいなどの感覚を求めているのではないでしょうか?
よく、年をとると味覚が変わるといいますが、なぜ変わってしまうのでしょうか?
実際、人は年をとると味蕾の数が減少し、若いときと比べると味を感じる感度は鈍くなります。味覚がおかしいと感じるのはこのためかもしれません。
人間は年をとると味覚を感じるために重要な役目をする唾液が減り、その唾液中に存在しているデンプンを分解する酵素のアミラーゼ活性も低下していきます。また、歯自体も少なくなり、さらに入れ歯の使用から胃での消化も衰えてきます。
そのため食感としては柔らかいものを好み、濃い味は苦手になります。
もちろん、若い人が味覚がおかしいというのは歯が悪いこともあります。

スポンサーリンク