味覚障害 プロマック

味覚障害時における治療薬として使用されるプロマックについて

スポンサーリンク

味覚障害が発症してしまう原因や要因として亜鉛が不足していることがあり、病院に行くと投薬療法として薬が処方されることがあります。
その際にプロマックという薬が処方されることがありますが、この処方薬について説明をしていきます。
この薬には亜鉛という成分を補給する効果があり、人が服用することでこれを補うことが可能となります。
プロマックには亜鉛が多く配合されているので、味覚障害と医師から診断された時に処方されることがあります。
食べ物の味を識別するのは舌が中心となりますが、亜鉛が不足しているとこの機能が正常に働かなくなります。
亜鉛が不足してしまう原因はいくつかありますが、一般的に偏った食生活をしていると発症率も増加していきます。
そのためプロマックという薬を服用することで、標準値より不足している亜鉛を補って治療を行います。
スポンサーリンク

 食べ物の味の識別が困難になる病気として味覚障害があり、プロマックという薬を服用することで完治出来るケースがあります。
理由として亜鉛が不足している場合において治療率が高くなっていますが、中にはそれ以外が関係している時もあります。
確かに味覚障害が発症してしまう原因として、亜鉛が不足することによって起きる可能性が高いです。
しかし中にはこれが原因ではなく、ストレスが引き金となって病気を発症してしまうケースもあります。
その場合にプロマックを服用した場合でも、ストレスを軽減することは出来ないためあまり効果はないです。
このケースにおいてはストレス解消や緩和させることが優先事項のため、カウンセリングによる治療が中心となります。
このように味覚障害の発症理由には何種類があるため、必ずしも亜鉛不足を補えば解決するわけではないので注意が必要です。
スポンサーリンク