味覚障害を治すには

味覚障害を治すにはどうすれば良いのか

スポンサーリンク

食べ物を食べても味がしなかったり料理本来の味を、全く感じないなど辛い症状となって現れるのが味覚障害です。
何を食べても美味しく感じられないことは、食欲不振にもつながります。
また口の中がいつも苦かったり甘みの部分だけが感じられないなど、1人1人によって症状は様々で日常生活に支障をきたしてしまう場合もあります。
この味覚障害は徐々に進行していくと言われていて、早期に治療を開始することがとても大切なことです。
味覚障害を治すにはまずしっかりと原因と究明してから、適切な治療法を選択することが望ましいです。
まず味覚障害となる原因ですが、未だ不明な部分も多いです。
考えられるのがストレスなどが体に影響することが原因だったり、体内の亜鉛不足が原因の場合もあります。
この亜鉛不足は味覚障害の約7割を、占めていると言われていています。
スポンサーリンク

味覚障害が疑われる場合にはまず味覚外来などを設けている、耳鼻咽頭科や口腔外科などで詳しい検査を受けることが大切です。
味覚の検査では甘みや塩味や酸味や苦味といった4味を、異なる濃度で染み込ませたろ紙を舌の上に置いて味覚の障害の程度を調べていきます。
その他にも電気味覚計を用いてどの程度症状が、現れているのかを測定することもあります。
治療を行う前にしっかりと原因を把握して、それに合った治療法を選択していきます。
患者の約7割が亜鉛不足による症状なので亜鉛製剤を、一定期間服用したりサプリメントなどで亜鉛を補充するなどの治療があります。
その他体の他の疾患によるものが疑われる場合には、より専門的な治療を行っていくこととなります。
内服薬などと併用して重要となってくるのが、普段の食生活です。
栄養のバランスの取れた食事を心がけ亜鉛を多く含む、食品などを積極的に摂取するというのも有効です。
スポンサーリンク