鼻づまり 味覚がない

鼻づまりで味覚がない時、薬を利用しなくても改善させる方法もある

スポンサーリンク

鼻づまりとは鼻がつまった状態を指しますが、鼻がつまる原因としてはいくつかの要素が挙げられています。
まず一つ目は鼻の構造です。
例えば生まれつき鼻骨が歪んでいる事もあれば何らかの外傷が原因となる事もあります。
しかしこういった場合でも適切な治療により歪みを改善が可能と言われているので、構造が改善すれば鼻づまりが軽減する可能性が高くなります。
二つ目はアレルギーによる影響です。
日本においてはほこりやダニ、花粉が原因で起こる事が多いとされています。
特に花粉に対しては患者数が年々増加しており様々な対策もとられています。
三つ目は鼻に膿が溜まっている状態です。
このような時は抗生剤の使用や医療機関での受診が推奨されており、適切な治療が大切となっています。
鼻づまりにはいくつかの原因がありますが、中には薬を利用しなくても改善可能な方法もあると言われています。
スポンサーリンク

また鼻づまりがおきた時、味覚がないといった症状が出る事もあります。
それは人間は食べ物を摂取した時に美味しいと感じるのが味よりも匂いだと言われているからです。
味覚を感じる機能は舌にありますが、匂いは鼻で感じます。
ですから匂いを感じなくなる事によって「味覚がない」といった症状が出現します。
しかし原因によってはセルフケアにより症状を改善させる事も可能と言われておりその方法がいくつか紹介されています。
まず一つ目は鼻の通り道を改善する方法です。
これは鼻を温めたり鼻のマッサージをする事で鼻の酸素量を増やし、血流の改善を期待する方法です。
二つ目は脇の下にペットボトルを挟む方法です。
これは詰まっている鼻と逆の脇にペットボ散るを挟みます。
こうする事で反対側の交感神経が刺激され鼻の血管が拡張すると言われています。
鼻づまりには様々な原因があるので、症状に合わせた対処法が大切となります。
スポンサーリンク