味覚障害 漢方ツムラ

味覚障害を漢方ツムラで

スポンサーリンク

味覚障害には、どのような理由から起こるのでしょうか。
通常は、年齢とともに味覚に対する力が弱くなっていく、いわゆる老化現象があります。
最近は、舌の炎症、神経が損傷しているといったことの他に、糖尿病や高血圧が原因になることもあります。
また、精神的に圧迫されているなど、心因性が原因になることもあるようです。
味覚に障害が起こると味が感じにくくなるため、しょうゆなど塩分を取りすぎるようになったり、甘みをもっと感じたくなるように糖分過多になるおそれがあります。
これにより、塩分の場合は高血圧、糖分の場合は糖尿病進行の危険があります。
急激に病状が進めば味覚障害であることが分かる場合もありますが、ゆっくりと症状が進む場合は、上記のような塩分、糖分取りすぎの果てに別の症状まで進行してしまうおそれがありますので、注意が必要です。
スポンサーリンク

では、味覚傷害を治すにはどのような方法があるでしょうか。
まずは、耳鼻咽喉科を受診することがあります。
検査を行なうと、甘み、苦味、塩味、旨み、酸味がどの程度感じられるかが分かります。
また、亜鉛と鉄の値についても検査されます。
加えて、食生活、ストレスなどについての心理テストも行なわれる場合があります。
これらにより、どのような原因で味覚障害が出ているのかの原因を探ることが出来るようです。
処方される薬としては、亜鉛または、鉄分を補うための処方をされることが多いようです。
その中で、漢方ツムラの薬を処方されることもあるようです。
漢方である理由としては、症状がまだ穏やかで、比較的ゆっくり副作用も抑えつつ治療したい場合や、通常の薬品では強すぎる場合などがあるようです。
こういったばいには、漢方を使ってじっくりと治療することもいいのではないでしょうか。
スポンサーリンク